2006年5月ゴルフⅢを購入・・。これから始まる奮闘記(修理奮闘記)を書いていきたいと思います。


by herohirohero

カテゴリ:未分類( 11 )

出会い

2006年5月大阪府高槻市の某中古車販売店(ガレージ・サ○ラ○ズ)に並ぶ
ゴルフⅢを見かけてしまったのが運の尽き・・。
4日間購入するかどうか悩みに悩む・・。
何故ならば、その車両価格が19万と言う為であった。
(諸経費込み32万円)
その間2回も車を見に行き、現車を確認する。
まず店員さんに一言申し出て車の鍵を開けてもらう。
店員さんが言うには
この車はオークション評価4点なので非常に状態は良いですよ
と言われたのですが・・・何点満点中の4点?
(ふとした疑問でした)
さらに
初回登録からの整備記録が残ってますので安心してお勧めできます
とのこと。
さてさて、車の中に入り周りを見渡す。
エンジンをかけエンジン音を聞く。
問題無なし。
軽くアクセルを踏み、タコメーターの戻りを見る。
問題無なし。
次にエアコンをつけ、冷房に切り替えて風量MAXにしてみる。
寒いくらいに利きました。
(これが後々大きな問題に発展しようとはこの時は思いもよりませんでした)
ウインカー・ライトを確認し、問題無い事を確認すると、サンルーフを開けてみる。
これまた問題無し・・・
と言いたいのだが、閉める時に少々大きな音でバタンと鳴る。
ドイツ車ってこんな音出して閉まるのか?って思ってしまいました。
(ちなみに、今までサンルーフ付には乗った事無いです)
次に車を出て、エンジンルームを見てみる。
エンジン上部からオイルの滲み・・・
と言うよりも大量のオイルが滲み出てました。
(後にトラブルの元になる部分です)
これは店員さんに言うと
もし購入されるならタペットパッキンの交換をします
との事だったので一安心。
事故車かどうかのチェックをし、その後のチェックでも悪い所は無さそうだった。
そして、店員さんが言うには
イグニッションコイルは当店で交換してあります
と言ってました。
それって新品交換??それとも中古品??
(オイルの件も有り、疑惑の目で見てました)
その後、長々と店員さんの言う説明を聞きながら見落とした箇所は無いか考えてました。
最後に店員さんが
うちの店は1ヶ月の保障を付けますので、購入を決めてくれませんか
と言われ
即決で決めるには金額が大きいので、少し考えさせてもらいます
と言い、店を出ました。
(結局のところ、後日店に出向き購入の意思を伝えるんですけどね。)
しかし・・・、あまりにもゴルフ(ドイツ車)についての知識不足の為
(そう自分に言い聞かせています)
とんでもない車を購入してしまうことになる。
そして、納車された日から僕の奮闘記(修理奮闘記かも・・・)が始まった・・・。
c0089111_1646591.jpg

[PR]
by herohirohero | 2006-08-18 12:52