2006年5月ゴルフⅢを購入・・。これから始まる奮闘記(修理奮闘記)を書いていきたいと思います。


by herohirohero

魔の月 第2章

ディラーに付くと、お兄さん(サービスの方です)がやって来て整備内容を教えてくれました。
①クーラントラインの洗浄
②クーラント液の交換
③エンジンオイル交換
④オイルエレメント交換
⑤オイルクーラー交換

しかし、お兄さんが言うには整備中にバッテリーが死んだ為に試乗車に付けていたバッテリーを無料で交換してくれたらしい。
それもなんと06年製。まだまだ新品に近いやん!
なんと親切なディラーなんだろう。
そんな説明を受け料金を支払い、車に乗り帰ろうと運転しました。
1号線は相変わらず渋滞。
何でいつも1号線は渋滞してるんでしょうね?
その渋滞の中を走りちょうど天の川手前に有るサークルK辺りで水温警告ランプ・オイル警告ランプが点灯していた。
水温計の針が・・・こりゃオーバーヒート寸前でんがな!!
でも・・・何故???
と思いながらとりあえずサークルKに入る。
車を止め、アイドリング状態にすると水温が少しずつ下がっていく。
それを確認し、ディラーに電話すると
「申し訳ありませんが、また車を持ってきてくれませんか?」
と言われた。
言われなくてもそうするよ・・・。このままでは壊れるやん・・・。
水温が正常値に戻った事を確認し、またディラーに向かう。
その道中も信号待ちの時は水温が上がり、走り出すと下がる。
しかし、とうとうディーラー付近になると水温は上がりっぱなしだった。
ディラーに着き、お兄さんに今の計器の状態を見せると
「今すぐに原因を調べます。」
と言って、整備場に車を持って行った。
待つ事1時間。
お兄さんが戻って来た。
「原因が分かりました。」
「何ですか?」
「ラジエターの後ろに電動ファンが付いていまして、そのファンの故障が原因でした。」
その名をクーリングファンと言うらしいです。
その部品を交換すると9万3千円程かかるらしい・・・。
次々に出る問題、この時はさすがにあの車屋に行きクレームを付けようかと思いました。
でも、何故にこんなに高いの?って聞くと、ファンを交換するのにエアコンの配管なんかが邪魔になって作業性が悪く、工賃が高くなってしまうらしい。
でも、これを直さないと車には乗れないので、お願いしました。
しかし・・・・9万か・・・・。
痛い出費ですね。
ついでにガソリンフィルターの交換もお願いしました。
これは約5000円程らしいです。
これが詰まって、ポンプが故障なんて事になったら大変なのでお願いすることにします。
それと、ワコーズのパワーエアコンを入れてもらうことにしました。
歌い文句は燃費が上がるらしいです。
燃費改善された時はまた報告します。
まぁとにかく車を預け、今回は代車を貸していただけたので、代車で帰りました。
次々に出る問題・・・、まだ続くのでしょうかね?


c0089111_8345372.jpg

[PR]
by herohirohero | 2006-09-14 09:31